3分間プレゼンテーション無料講座

大事なのは話す内容(ネタ)ではなく、話し方

「会話が苦手なんだよねぇ・・・」 と悩んでいる方のほとんどは、その"苦手"な原因を
1.「自分の性格」
2.「話す内容」
の2つが原因だと思っています。

そういった方にアドバイスをしていると、必ずと言っていいほど、
「何か、面白い話のネタを教えてください!」と言われます。

人の興味を引くような、
「面白い話のネタ」を持っていない事に劣等感を感じているんですね。
私も以前は同じような悩みを持っていたので、その気持ちはわかります・・。
でも、 「話の内容 」 は、それほど重要ではありません。

何故なら会話の中で相手が得る判断材料の75%が、何を話したか? という「話の内容」ではなく、どう話しているか? という視覚や聴覚などの五感によってもたらされているからです。

ということは会話で大切なのは「話す内容」よりも、
むしろ、どのように話しているかという「話し方」にあります。

・話している表情
・話しているときの声
・身振り手振り
・堂々と話しているか、自信なさそうに話しているか
・相手の目を見て話しているか、逸らしているか・・・etc
こういった「話し方」で、話の聞き手の印象は全く違うというのは、 言われなくても想像できますよね? 面白い話のネタ探しをするのではなく、 まずは自分の話し方に意識を向けてみて下さい。

まとめ

  • 話す内容に悩む前に、「話し方」を意識しよう。
あなたの状況にピンポイントでアドバイス

※記事の内容は、コミュトレでお伝えしているノウハウのほんの一部です。
置かれている立場や状況によっては、当てはまらない方もいらっしゃるかと思います。
「私の状況の場合はどうしたらいいの?」
そんな方のために、あなたの状況に沿ったアドバイスをお伝えします。

無料コンサルティング、体験会のお申込はこちら