ENVIRONMENT

環境を知る

isorootDNA

アイソルートの社員(アイソルーター)ってどんな人?様々な視点で、内定者や入社3年目までの若手社員にアンケートをとってみました。

Q1あなたの出身学科は?

Q2あなたの出身地(都道府県)は?

Q3兄弟姉妹の中で、あなたの属性は?

Q4一人暮らし?実家暮らし?

Q5通勤時間は?

Q6学生時代に特に力を入れたことは?

[ コンサルティング営業職 ]
結果:回答がばらけました!
  • エージェント事業サポート、フルコミアルバイト
  • 一年間休学をして、費用を貯めたあと留学&海外一人旅をするなど自分のしたいことを思いっきり楽しんだ
  • 塾講師のアルバイトとサークル活動
  • NPO団体の活動
  • 東北の復興支援活動(ボランティア)等
[ エンジニア職 ]
  • 研究/プログラミング
  • サークル活動
  • 資格取得
  • アルバイト(塾講師)、その他

Q7アイソルートってどんなところ?

  • A1 入りどき!

    自分の成果によって会社が大きくなっていくのを感じることが出来る

  • A2 マニアックな人の集団

    性格も趣味嗜好も色々な人がいますが、皆、何かしら深い部分がある

  • A3 自分次第

    自分の能力次第で、入社何年目だろうが昇格できる。逆もしかり。成長のスピードも自分次第。

  • A4 仕事においての考え方が磨かれる場

[その他の回答] 日々成長できる/圧倒的なスピードで成長できる/自分の能力が試される/普通の人が少ない(個性的な人が多い)/好奇心の集まり/アツい/プロ集団

Q8若手に聞きました‼
仕事から得た自信、自慢したいことはありますか?

  • 自分の成長を実感できていることが、一番自信につながっていることです。(入社1年目・エンジニア)
  • 自分のやりたかったことをこんなにもやれている、ということが自慢です。(入社1年目・コンサルティング営業)
  • 自分が設計したアプリがリリースされたことです!(入社1年目・エンジニア)
  • 自分よりも社会人経験の長い方達を相手にコンサルティングをして、 その方達の長年抱えてきた課題や、悩み、これからのキャリアアップに対して力になれている事。(入社1年目・コンサルティング営業)
  • パケットキャプチャを眺めて、にやにやできることが自慢です・笑(入社2年目・エンジニア)
  • 自分の開発した機能が全世界で使用されていること(入社2年目・エンジニア)
  • 過去最短でトップセールスを取ったこと。社長賞に選んで頂いたこと。(入社2年目・コンサルティング営業)
  • 講師として人前で話す機会が多いので、プライベートでも人前で話すことに関して自信が付きました。 友人の結婚式の二次会の司会を任されたのですが、どうやらプロの司会者だと思い込んだ方も多かったようで、 その後、別の友人からも数件オファーを頂きました。(入社3年目・コンサルティング営業)
  • 1年目で、先端技術・最高の環境で検証が行えるというのは、相当ラッキーだと思っています。(入社1年目・エンジニア)
  • 上司の記録を一つ越えたこと。同時に、これから入社してくる人の記録の壁になれたこと。(入社1年目・コンサルティング営業職)

Q9若手に聞きました‼
アイソルートのイベントで、好きなものは何ですか?

セミナー旅行(社員旅行)
  • プライベートな交流をするので、普段の仕事もやりやすくなる。
  • 「全力で遊ぶ」ことの本当の意味を知ることができる。
  • 比較的歴史の浅い会社なのに、旅行代が会社持ち!
  • 社長をはじめ役員と「遊べる」機会は貴重だから。
  • 部署の仲間と海外に行って多くの経験ができるから。絆が深まる。
  • 宿泊する場所の料理がおいしい‼
業務報告会(飲み会)
  • 個性が強い人が多いので単純に楽しい。
  • 他部署のメンバーが一堂に会する貴重な場。ここでの時間は非常に有意義。
  • 社長と話が出来るから。
忘年会

勝負事にはとにかく全力な社員が多いため、役員の投票により順位が決まる「かくし芸大会」は長い期間をかけて構想から準備、リハーサルまでやって、出場者全員が本気で1位を取りに行くので、とにかくクオリティが高いから。

Q10アイソルートの選考で、印象に残る選考とその理由は?

[ コンサルティング営業職 ]
三次選考(プレゼンテーション選考 ※コンサルティング営業職のみ)
  • いかに相手の心に響くプレゼンが出来るかを熟考するのと同時に、自身の見せ方・見られ方にも注意を払ってしっかり準備を行ったので。
  • プロを前にプレゼンをするのは、やはり緊張したから。
  • そんな選考あるんだ!と驚いたこと、そして実際に講師としてプレゼンする力があるかを見てくださっているんだなと感じたから。
  • これほど本気になれた選考は他になかったから。
個別面談
  • 創業メンバーの方に聞くことができたから。
  • 一対一でじっくりとお話を伺うことができたことが、入りたい!という気持ちを後押ししてくれました。
  • お互いの考え方を時間をかけてつき合わせる選考であったから。
[ エンジニア職 ]
二次選考(技術選考 ※エンジニア職のみ)
  • 沢山の先輩社員を前に、輪になって行う技術アピールが印象的。
  • 他の企業と違い、入社後に上司になる先輩社員の方々に多く質問ができる時間だったから。
  • 面接官の先輩が、緊張を解そうと気遣ってくれるのだが、プログラミングの勉強や研究についての話題が出た時の質問の鋭さはやっぱりすごかった。
  • 働いているグループが違くても、社員の方同士が互いに尊敬しあっていることがすごく伝わったから。
その他
  • 最終選考の日の、人事の方からのサプライズ(?)がとても感動した。とても嬉しかったです。
  • 三次選考は、面接官からの一方向の質疑応答ではなく相談にものっていただいて、私自身の就職活動に対する考えを引き出してくださったような感覚だったから。

Q11アイソルートに決めた理由は?

理念・事業内容に共感
社員の姿勢、環境
  • 事業共感したから。コミュニケーション力を高めることは、他のどのスキルを磨くことよりも、人生が豊かになると思っています。特に、人生の多くの時間を占めている仕事で、よいコミュニケーションをとれることはとても重要です。そんな領域に、自社コンテンツを持ち、切り込んでいる事業に共感しました。(コンサルティング営業職内定・男性)
  • 挑戦ができる環境であること。そして説明会や選考を通じて、社員の方の楽しみながら仕事をする姿勢を知り、同じ技術者として、そのような姿を目指して成長していきたいと思ったから。(エンジニア職内定・女性)
  • 上を目指すアグレッシブな姿勢・社是。独自のユニークな商品を持ち、競争力が高いこと。ギスギスとした雰囲気のない明るい職場であること。(エンジニア職内定・男性)
  • 最も大きなポイントは、年に100人以上の個人の人生を背負う責任と新人でも活躍できるフィールドが広い裁量の大きさです。(コンサルティング営業職内定・男性)
  • 「自分のアイデアをカタチにする/新しいこと・様々なことに挑戦できる場で働く」という想いが実現できると一番感じられたのがアイソルート。特に二次選考での先輩社員との座談会で、アイソルートで働く自分像を想像できたことが大きかったです。会社を決める上では、『自分がやりたい事』と『その会社できる事』が合っていることが一番重要だと思いました。(エンジニア職内定・男性)
  • エンジニアの方々の、仕事に対して前向きに取り組む姿勢に強く惹かれたし、アイソルートの掲げる価値観や問題意識が、自分のそれに近いと感じたから。(エンジニア職内定・男性)

Q12内定者に聞きました‼
内定者となって、選考段階のイメージとのギャップなどはありますか。

  • 研修がスタートしてから、初めてお会いした先輩方もいらっしゃいますが、選考中に会った面接官の方々と同じ雰囲気を感じました。なので、今のところギャップは感じていません。(エンジニア職内定・男性)
  • 思っていたよりも、他部署間でよく連携されているんだな、と感じた。飲み会などの雰囲気を見ていても、会社全体でとても仲良く活動しているのだなと感じました。(エンジニア職内定・男性)
  • お酒を飲むと元気な人が多くて驚いています!(エンジニア職内定・男性)
  • 内定をいただくまでに多くの社員の方とお話しできたのでギャップは一切ないです。(エンジニア職内定・男性)

Q13内定者に聞きました‼
内定者研修が始まりました。参加してみて、現時点での感想はどうですか?

  • とてもためになる。学ぶところが多く、学生と社会人の意識の違いを感じることができる。また、学生の中で過ごしていて薄れていたさまざまな意識や考え方を改めて再確認できた。(エンジニア職内定・男性)
  • 一歩ずつ社会人に近づいている実感があります。早い段階で同期と顔合わせできるのもよかったです。(エンジニア職内定・女性)
  • 正直な話、今まで自分の能力に過信していた面もありましたが、たった一度の講義体験で、自分の課題がいくつも見えました。(コンサルティング営業職内定・男性)
  • 知識を得られるという意味では、とても面白いです。一方、研修が本格的になってくると少し準備が大変!(コンサルティング営業職内定・女性)
  • 他の内定者のみなさんと話していると、ものの見かたや考え方などからとても良い刺激を受けます。彼らが一番身近な仲間でありライバルであると思うとわくわくします。(エンジニア職内定・男性)
  • 多くの気づきがあり、とても楽しいです。教育のコンテンツを利用する側から作る側になることで、今まで気が付かなかった仕組みや意図を知りました。そういったことに気が付いてから、学校の授業を少しだけ真面目に受けるようになりました。笑(コンサルティング営業職内定・男性)
  • コミュニケーションを客観的に分析していくことが、初めての経験でとても面白いです。日常の当り前に広がっているコミュニケーションに、「なぜ?」や「どうやったら?」を問いかけることで、コミュニケーションに対して今までとは違った視点を持つようになりました。(コンサルティング営業職内定・男性)
  • アイソルートの研修はより実践的で、すぐに即戦力として活躍してほしいという期待が込められているのが伝わってきて楽しいです。(コンサルティング営業職内定・男性)