学習メカニズム

どんな学習をするのか?

「行動が変わる」ことを目指す、
一段上の学習環境

これまでの教育は、新しい知識の学習や、学習の場でのスキルの練習に焦点が置かれていました。
特に、知識の習得への偏重が強く、「知ってはいる」けど、「できない」ということが多くありました。また、仮に練習をしたとしても、実際の仕事の場面では学習した内容を「活かせていない」ということが課題になっていました。

そこで、コミュトレでは、「知っている」を「できる」に変え、さらに仕事の場で「活かしている」という行動の変化を目指した学習プログラムを開発しました。

皆さんにはコミュトレでの学習を通して、「自分の望む行動」を日々の仕事上で起こせるような成長を実現して頂きます。

単なる、知識の学習やスキルの練習ではなく、日々の行動が変わることで、自ずと結果が変わるという成長をコミュトレでは目指していきます。

「従来の学習」から「行動の変化」へ

研修の効果を測定する最も代表的なものに、「カークパトリックモデル」というものがあります。カークパトリックモデルとは、米国の経営学者 ドナルド・L・カークパトリックが1959年に提唱した、教育の評価モデルです。
このモデルでは、教育の評価4つのレベルで行います。

1:Reaction(反応)
研修に対する受講者の反応。研修に対する満足度。
2:Learning(学習)
研修に対する受講者の学習到達度。どの程度学習内容を習得できたか。
3:Behavior(行動)
研修後の受講者の行動の変化。研修終了後に実社会に戻った際に、学習した内容をどの程度実践的に活動できているか。
4:Results(業績)
研修後の受講者の業績。研修後一定期間の後にどの程度の業績をあげることができるか。

なぜ成長できるのか?

行動を変える「3つの柱」

現在の教育における最先端の理論では、人がある行動を起こすためには、その行動を起こすための「知識」、「技能」、「情意・態度(考え方)」という、3つの要素が必要になるといわれています。

例えば、「安全運転をする」という行動を起こすためには、「交通ルールを知っている(知識)」ことと、「運転する技術がある(技能)」だけでなく、「交通事故は時に人の命を奪ってしまう恐ろしいものだから、絶対に事故を起こさないようにしよう」という、情意・態度(考え方)が必要です。仮に、交通ルールを知っていて、運転技術があったとしても、事故を起こさないようにしようという考えをもっていなければ、安全運転という行動は起こさないでしょう。
それと同様に、仕事上でも、ある行動を起こす為には、この3つの要素が必要になります。

コミュトレは、これら3つの要素すべてを網羅的に学習していく新しい教育環境になります。
「セルフラーニング(自宅学習)」で知識の学習を、「トレーニング会場での実践」で技能の訓練を行います。そして、「コミュトレLabでのコミュニティ活動」によって情意・態度の形成をしていきます。
これら「3つの柱」の相乗効果によって、皆さんの理想的な行動の変化を目指していきます。

知識 - 技能(スキル) - 情意・態度(考え方) セルフラーニング - トレーニング会場での実践 - 「コミュトレLab」でのコミュニティ活動 ※コースによっては参加が任意のコースも存在します。

データ分析に基づいた
高品質のプログラム

コミュトレでは、徹底したデータ分析に基づいて確実に身につくプログラムの開発を目指してきました。

すべてのプログラム内容が、実際のビジネスマンの実態調査によって、皆さんが本当に必要としている行動の変化を抽出して作成されています。
また、学習過程における、「Web講義の視聴ペース」や「トレーニングの頻度」、「各ステップのクリア率」など、実際に学習を進めていく上でのあらゆるデータを収集し、それらの要素と成長度合いの関連性を分析してきました。
それにより、皆さんが効率良く学習のできるステップの構築を実現することができました。

各ステップは、分析結果を基に改良を重ね、誰でもクリアできるように工夫されています。教える側の経験に依存した教育ではなく、根拠のあるデータと理論に基づいた教育プログラムによって、行動の変化を目指していきます。

セルフラーニング
独自のITシステムによって、「完全習得学習(マスタリーラーニング)」を実現。
さらに、自分のペースに合わせて学習が可能に!

「セルフラーニング」は、トレーニング会場外での自宅学習です。

コミュトレでは、各コースの目標となる行動の実現に必要な知識をWeb講義によって学習していきます。そのため、自分のスケジュールに合わせて好きな時に自分のペースで学習をすることができます。

また、各Web講義にはそれぞれ確認テストが設けられており、確実に内容を理解した上で次のステップに進んでいくことが可能になります。その為、途中で分からなくなって挫折してしまうということは起こりません。また、重要な項目については、復習テストが設けられているので、一つ一つの内容を確実に定着させることができます。
さらに、システム上で自分の進捗が常に管理されているので、自分が今どのステップにいるのかを常に把握することができます。

これにより、誰もが確実に目標行動の実現に必要な知識を定着させることのできる「完全習得学習(マスタリーラーニング)」の実現を目指します。

完全習得学習(マスタリーラーニング)とは?

米国の教育学者 B・S・ブルームが提唱した、学習者のほぼ全員が学習内容を完全に習得するための学習理論。「学習結果の差は、学習者個人の資質によるものではなく、学習に必要な時間をかけなかったことによる」という考えに基づいている。
具体的には、学習の過程でテストを行い、学習者が目標を達成できているかを確認する。達成できていない学習者に対しては、再度学習をする機会を与えるなどの補助をする。これを繰り返すことで、完全な習得を目指すというものである。

[ Web講義サンプル ]
システムによって自分の進捗を管理

システムが皆さんの進捗をリアルタイムで管理しています。
自分が今どこまで進んでいるのか?次は何をすればいいのか?など、学習の道筋が明確に示されているので、迷うことなく学習を進めることができます。

トレーニング会場での実践
自分の課題をピンポイントで訓練できる!
システムによる即時フィードバックで、「知っている」を「できる」に変えるためのトレーニングを実践

コミュトレには2種類のトレーニングが存在します。
基本的には、両方合わせて月に3~4回のペースでご参加頂きます。

ユニットトレーニング
ユニットトレーニングは、各ユニット毎の専門スキルを訓練する場になります。
例えば、「会議で論理的な発言をする」のユニットであれば、会議というシチュエーションに特化した訓練、「人前で自信をもって話す」のユニットであれば、人前のシチュエーションに特化した訓練と、それぞれユニットのテーマに特化した訓練を行っていきます。Web講義で学習したノウハウを「知っている」から「できる」に変える為の場になります。
フリートレーニング
フリートレーニングは、各ユニットに共通して必要な「基礎技能」を訓練する場になります。
例えば、表情やジェスチャー、話しているときの間の取り方など、どのようなシチュエーションでも共通して求められる技能を訓練していきます。フリートレーニングでの訓練を通して、さらにユニットトレーニングでの実践の質を「洗練された」状態へと向上させていきます。
リアルタイムの即時フィードバックシステム

システムによって、皆さんの実践の結果をリアルタイムで確認することができます。
実践直後に評価を確認することで、即時に次の実践で改善することができます。

また、システムが自分の訓練項目をピンポイントで表示してくれるので、迷うことなく訓練を行うことができます。

日常では、自分ができているかどうかを確認することができず、どうしても曖昧になってしまいがちなところをコミュトレでは明確に把握できるので、自分に必要なスキルを一つ一つ着実に訓練してくことができます。

「コミュトレLab」でのコミュニティ活動
共通のテーマをもとに、相互交流の中でより実践的な学習ができる学習グループ

「セルフラーニング」により学習し、「トレーニング」で訓練するノウハウは、実社会で使えてこそ意味があります。

その為、コミュトレでは、より実践的な学習の場として、学習グループを作成し、グループ毎にテーマを設けてコミュニティ活動を行っていきます。
例えば、「プレゼンテーション力の向上」をテーマとするコミュニティであれば、メンバー自らがプレゼン大会を企画したり、メンバーで集まって訓練をしたりと、コミュニティの目標に沿った活動をそれぞれが行っていきます。そして、その活動の中で、様々なメンバーとより実践的なコミュニケーションを繰り返していくことで、目標行動に必要な、情意・態度(考え方)の習得をしていきます。

コミュニティ活動の中では、活動計画の作成から、実行、反省会議などすべての活動をメンバーが自分たちで行うので、まさにビジネスの現場に近い状況での実践が可能となります。
また、共に活動する中で一緒に学び合う仲間と出会い、相互に切磋琢磨しながら成長することができます。
※コースによっては参加が任意のコースもあります

相互交流によって、生きた実践の場になる

[ 現在活動しているコミュニティの一例 ]
・プレゼン力向上のコミュニティ
・話す力徹底トレーニングのコミュニティ
・コーチング力を磨くコミュニティ
・セルフマネジメント力を強化するコミュティ

どのように学習をするのか?

明確に設計された成長ステップで
迷わず成長することができる

コミュトレの学習プログラムは、「セルフラーニング」、「トレーニング会場での実践」、「コミュトレLabでのコミュニティ活動」を相互に行いながら、学習を進めていきます。
そして、それら全体のステップがシステム上ですべて管理されています。その為、皆さんの進捗に合わせて「次に何をすればいいのか?」がマイページ上に常に表示されているので、皆さんは迷わず学習を進めていくことができます。

[ 学習の流れ全体像 ]

一人ひとりの学習を
サポートするITシステム
「EPICAL」

コミュトレでは、皆さんの学習をサポートするために、「EPICAL(エピカル)」という独自のITシステムを開発しました。
このシステムにより、皆さんは自分の進捗を常に把握することができ、ピンポイントで課題を特定することが可能となります。
また、トレーニング会場での実践の際も、システムが皆さんの訓練すべき課題を個別に表示してくれる為、自分に本当に必要な訓練を行うことができます。そして、学習するステップもシステムが自動的に示してくれるので、皆さんは迷うことなく学習を進めることができます。
「EPICAL」はあらゆる側面から皆さんが確実に学習進める為のサポートをしていきます。

EPICALによって実現できること
  • 次に何をすればいいのか?」明確にわかる
  • 自分の進捗がリアルタイムで管理できる
  • 自分の課題をピンポイントで訓練することができる
  • リアルタイムで実践の結果を確認することができる
  • 自分の学習ステップが明確に表示される
コミュニケーション コーチングロボット パルッサ(Palssor)

パルッサ(Palssor)は、皆さんの学習をサポートする、コミュニケーションコーチングロボットです。
セルフラーニングでのWeb講義や確認テスト、トレーニング会場での実践など、あらゆる場面でシステム上から皆さんの成長をサポートします!

あなたの成長に最適なプランをご提案 今すぐ個別体験会へお申込み
お気軽にご相談ください 0120-194-532 水~日曜の10:00~19:00/通話料無料