STAFF,STYLE

人・社風を知る

WORKING IMAGE

システムサービス本部 第三部
Webソリューショングループ

2016年入社 HARUFUMI.Fの場合

私が1年目に携わったのはWeb系のアジャイル開発のプロジェクトでした。アジャイル開発とは、簡単に言うと「価値ある成果物を毎週お届けする」ということを旨とした開発手法です。
このプロジェクトは、ECサイトとユーザ端末を連携する機能を作る案件で、1週間単位で「カートに商品を投入する機能」など「機能」を作ることを繰り返して、機能を完成させる必要がありました。1週間という限られた期間で機能を作っていかなければならないため、開発チーム内でのコミュニケーションは必須です。入社して初の現場ということで、最初は作業が遅れそうな時の報告をするタイミングも上手くつかめないこともありました。しかし、周囲のサポートもあり、自分で調べることが重要とはいえ「分からないことを分からないと伝える」「とにかく質問する」ということが時として重要であることを学びました。最初はこのような経験もする中で、徐々に問題解決が早くなり、周囲の状況を知れたり、問題を顕在化できたりしました。そうして、チームに貢献し、チームとして機能を完成させていくことに大きなやりがいを感じることが出来る様になりました。現在では、別案件でアジャイル開発を行っていますが、最初の案件で得た経験が至る所で活きていると感じています。技術面でも、1年目からかなり学びの多い最先端のプロジェクトに参加させてもらえたのがありがたかったです。
今後も更に業務経験を積んで、そこで得た技術やノウハウを使って人の繋がりをITで解決するような製品を作っていけたらと考えています。

システムサービス本部 第二部
プラットフォーム
ソリューショングループ所属

2014年入社 HIROKI.Tの場合

私が入社3年目の時には、主にネットワークの設計・構築案件の調整業務を行っていました。数千人規模の会社のIT部門の方をお客様に、ネットワークのプロジェクトリーダとして複数の案件をマルチで回すような立ち位置で仕事しました。
業務に求められる知識は、ルーター・スイッチに限らず、無線・ロードバランサー・ファイヤーウォール・認証といったレガシーのネットワーク技術から、仮想化に伴ったオーバレイの仮想ネットワークの知識まで様々でした。
3年目も半分を過ぎた頃には、中国にも拠点を持つ日本のお客様のネットワーク再編プロジェクトにアサインさせて頂き、上海・深圳・北京・香港にある100-300人規模の拠点の設計・構築や、中国のデータセンターの新規立ち上げといった海外案件の対応をおこないました。私自身、海外でも活躍できる人材になりたかったので、学びが多く、とても良い経験になりました。ここでの経験は、一見困難に見えことも、しっかり周りに視野を向け〝なんとかする〟という精神を培うことが出来た様に思います。

しかし、初めからこのような立ち位置で仕事はできず、入社してから1年目は、CCNA・CCNPの勉強をおこないながら、先輩社員の下につき、ワーカー(手順書作成やパラメータシート作成等)としての仕事をメインとしてこなしていました。情報通信系大学の出身のためベースの知識は多少あったとは思いますが、ネットワーク技術の詳細な動作を正しく理解し、人に説明できるまでのスキルは乏しかったです。そのため、ダメなところやできないことは日々反省しつつ、少しずつ出来る・分かる状態の積み上げを続けていきました。基本的に負けず嫌いなので、たとえ先輩であっても負けたくない!という思いが良い方に働いたと思っています。また、早いうちからお客様の前に立つ機会をいただけたので、その中で「伝える力」を磨くことも出来ました。そういった様々な要素が重なって、今の仕事に繋がったと感じています。

大きい会社のお客様と、ビジネスパートナーとして会話ができること、そして自分の持っている知識で、お客様の望んだシステム環境を提供し、感謝の言葉をいただくこと。これが、今の私のやりがいです。今後については、新しいビジネスを生み出す自分のチーム作りを目標に、新しいものやビジネスを生み出しながら楽しく仕事ができる環境づくりに励んできたいと思っています。

システムサービス本部 第二部
IPコミュニケーション
グループ所属

2013年入社 WATARU.Tの場合

私は学生時代、情報工学部に所属し、情報系分野を学びつつ塾講師のアルバイトも経験しました。そのため教育の分野にも興味があり、《将来は「情報」を武器としつつ、早い段階からマネージメント(人材育成)にも携わっていきたい》《「自分らしさ」を発揮できる会社に入りたい》という気持ちで就職活動をしていました。そんな中で出会ったのが、アイソルートです。

このような背景もあり、入社2年目からチーム管理の一部に挑戦させてもらっていましたし、内定者研修の主担当を任せられたのも2年目でした。その他にも、様々な貴重な経験を積むチャンスがあり、早いうちからマネージメントの経験を積めていることを嬉しく思います。大学の友達を見ても、この時期にこれだけの経験をしていた人は他にいないですね。そういった意味で、やりたいことをやりたいと言えば「やる気」と「能力」次第で、しっかりやらせてもらえる環境がアイソルートにはあると思います。

また入社4年目の時には、開発チームを2つ持たせてもらいました。自身の開発業務を回しつつ、2チームの進捗管理やフォローを行うことが仕事です。また社内の組織体制としても、この年から部下を持つようになり、開発以外の部分でも年度目標やキャリアパスについて相談や指導を行っています。
入社当初に描いていたイメージはおおよそ実現できたと思いますが、本当にやりたい事はまだまだこれからです。次は自身ではなくメンバーを育成する番になります。「あいつに任せれば大丈夫」と言われるような、最高のチーム作りをしたいですね。また、現在その一環として「新サービスの企画」にも挑戦しています。チームで役割分担をしながら、試行錯誤している真最中です。常に新しいことに挑戦していると、飽きないですし、楽しいですね。

システムサービス本部 第三部
モバイルソリューション
グループ所属

2008年入社 KOUTA.Oの場合
私は学生時代、大学で機械系を専攻していました。そのため、プログラミングやサーバ運用等、システム系の分野知識に接してきた時間は、情報系学部の出身の方に比べると少なかったと思いますが、内定者研修を経て、エンジニアとしてのキャリアをスタートすることが出来ました。入社後はドキュメント作成、ソフトウェア試験、プログラムの改修、自社製品の開発等、多種多様な技術を身に着け、ものを作ることの楽しさを実感すると同時に、いかにお客様に喜んでもらえるようなものを提供できるかを考えることも次第に増えていきました。
4年目あたりからは、請負案件の主担当として、要件定義や仕様・スケジュールの調整等、PL/PMの業務を多くこなしてきました。それまでのプログラミング中心の業務とは異なり、常にプロジェクト全体を把握し、先を読み、プロジェクトを計画通りに終わらせることが求められる、責任の大きなポジンションではありましたが、とてもやりがいを感じていました。今思うと当然のことではあるのですが、「自分の考え方・動き方ひとつで大きくプロジェクトが変わってしまう」ということは、この頃、しっかりと自分の心に刻み込まれた気がしています。ここでの成果が評価され、今の役職に繋がったのだと実感しています。
入社して8年目には、請負案件のPM、提案活動また自社製品の運用を行うようになりました。お客様の心に刺さる提案と、そしてそのご提案を超える成果物を出し、お客様から心からの「ありがとう」をいただくために日々業務に従事しています。
現在の係長という立場としては、チーム作りに力をいれています。自らが率いるメンバー全員が、他の社員の見本となるような成長を遂げられるチームにすることを目標としており、事実メンバーは目に見えて成長を遂げています。今後さらなる成長を続けるメンバーに追い越されないよう、私も日々精進していこうと考えています。
今後は、次なるアイソルートの柱となるようなサービスの立ち上げにチャレンジしたいと思っています。
世の中に衝撃を与える、革新的なサービスがアイソルートから発表されるのを、皆さんも楽しみにしていてくださいね。
採用情報・
インターン情報
READ MORE
お問い合わせは
こちらから
GO to FORM