WORKS

IT事業部門を知る

アイソルートのIT/システム部門は、技術領域・得意分野に特化した、複数のチームから成り立っています。
モバイルアプリ/Webアプリ/クラウド基盤から物理インフラなど、
お客様のシステムやサービスを構築する上で、各チームが専門性を発揮し、協力して対応に当たります。

OUR BUSINESS

自社製品開発や受託開発を中心に、以下の各分野おいて「導入・設計・構築・開発・コンサル」まで幅広く展開しています。

OUR MISSION

IT事業部門
立ち上げの想い

全社のVISIONである、新時代のビジネスコミュニケーションの創造に向け、「ITの側面から、多種多様な形で展開していく役割を担うこと」、またその過程において「参画するメンバー自らが、創造・実現に向けチャレンジすること」により、「高いリーダーシップを有する人材を育成・輩出していくこと」を目的として、部門を立ち上げました。

ご存知の通り、我々が事業を展開するこの業界は、スマートフォンやクラウドコンピューティング、ソーシャルメディア、人工知能(AI)といった世界規模のイノベーションにより、さらなる成長が期待される分野です。

VISIONに賛同し、
―このフィールドで、世の中に何かを送り出したい―
―自らの技術を形にして、未来に貢献したい―
といった想いのある方々のチャレンジを様々な形でバックアップしていく仕組みも強化していきます。

仕事のやりがい

ここ数年、高まるクラウド利用のニーズに対し、私たちは「クラウドインテグレータ」としての方向性を打ち出しています。
お客様の社内システムや、広く一般に利用されるWebアプリ/サイト、またモバイルアプリとバックエンドなど、様々なクラウド上のシステム構築を手がけてきました。

約10年前、リリース直後のGoogle App Engine(GoogleのPaaS基盤)を、実地検証の意味も込めて、自社サービスに採用したことが始まりです。その後、AWS(Amazon)や、Azure(Microsoft)を取り入れ、今やAIを活用した各種サービスもお客様へご提案しています。

クラウドの技術は日進月歩で進化し、次々と新しいものがリリースされます。
エンジニアにとっては、日々学び、我が身の筋肉とし続けるマラソンの様なものかもしれません。
ですが、仲間達と切磋琢磨し高め合い、そしてお客様の声を喜びに変えられる、素晴らしい仕事だと感じています。

今後の展開
―クラウドSIとして―

昨今より国内においてもクラウドの動きが活性化し、多くの企業が基幹システムのクラウド移行や新規サービスのクラウド基盤への構築などの動きが顕著になってきました。こういった経緯を踏まえ、当社は2017年にGoogle Cloudのサービスパートナー認定を取得し、クラウドSI事業を推進しています。
クラウド基盤は文字通り基盤(プラットフォーム)であり、基盤上に展開するサービスについてはクラウド基盤のプロバイダ(GoogleやAmazonなど)ではなく、クラウド基盤の利用者が適切に設計/構築する必要があります。

また、代表的なクラウド基盤はいわゆるコンピュート(仮想マシン)とネットワーク(仮想ネットワーク)だけではなく、
機械学習やAI、サーバレスなどに代表されるように種々の機能やAPIを数多く提供しています。

我々が目指すクラウドSIの形は、こういったクラウド基盤特有の機能を深く理解し、
クラウドを利用したいお客様に対してクラウドならでは(クラウドネイティブ)の付加価値をサービスとして提供するものとなります。今後仲間になる皆さんと一緒に魅力的なクラウドSIのサービスづくりができる日を楽しみにしています。

採用情報・
インターン情報
READ MORE
お問い合わせは
こちらから
GO to FORM